私たちStrawBale-Project(ストローベイルプロジェクト) は

稲藁などを断熱材とした高断熱で低エネルギーな住まい(ストローベイルハウス)

の設計・施工・研究などを通して、

安心して暮らせる持続可能で豊かな社会の実現を目指して

活動しているプロジェクトチームです。

 

 

 

 

 

     

「日当の家」概要

 名   称:日当の家(ひなたのいえ)

 住   所:岐阜県本巣市日当

 構   造:木造2階建(在来軸組工法)+ストローベイル工法(外壁)

 建築面積:66.06㎡

 床 面 積 :1階:64.30㎡、2階:9.9㎡ 延床面積74.2㎡

 工事種別:新築

 

■完成までのプロセス

 明治23年、曾祖父が建設した家が建っていたが、2006年の大雪で屋根の一部が

 破損した為、そのまま解体してしまうのか、修理をして残すのかという議論になった。

 

 老朽化が進む中でも、まだ十分に使用可能な木材が多く残っていた為、これらの思

 い出の詰まった木材を再利用して、慣れ親しんだ自然豊かなこの土地での時間を、

 次の世代にも愉しんで欲しいという思いから今回のプロジェクトが動き出した・・・

 

~計画の条件~

 ●建設から解体まで環境負荷の少ない建物とすること。

 ●エネルギー使用を最小限に抑える事。

 ●木材は国産に拘る事。

 ●可能な部分は間伐材を使用する事。

 ●シンプルな空間である事。

 

 検討の結果、稲藁を断熱材に使用する「ストローベイルハウス工法」を取り入れた。

 極めて高い断熱性能と、土壁の持つ蓄熱効果・調湿作用により、夏はエアコンがな

 くても快適に過ごせ、冬は壁が暖かさを蓄熱し、気密が低くても室温・湿度が快適に

 保たれる為、健康的な空間になる。

 

 使用する材料は主に藁・土・木で、全て土に還るもので構成されている。

 室内は基本的に土間空間であり、床は1階の8畳と2階の6畳のみ。

 内部土壁仕上は施主家族・両親、義父母・伯父・叔母・友人などが参加して行い、

 思い出の詰まった古材で構成される新しい家に、新たな思い出を塗りこんだ。

 

気候風土になじむ構造・デザインと、持続可能で高度な環境性能の両立を目指した。

 

■工事関係者

 設 計 監 理 :大島秀斗(StrawBale-Project)

 大 工 工 事 :棟梁:長尾和博(長尾建築事務所)・家作店 辰屋

 ベ イ ル工事:大島秀斗・竹村智也・福島健一(StrawBale-Project)

  壁体内環境調査:Kyle Holzhueter

                        (日本大学糸長浩司研究室(建築・地域共生デザイン研究室))

 基 礎 工 事 :小川雅博(小川建築)

 屋 根 工 事 :野田登志勝(野田屋根工事店)

 給排水工事 :藤沢幸泰(雄水設備)

 ガ ス 工 事 :JAサポート

 電 気 工 事 :AKARIプラス

 金 物 製 作 :門田淳(三広製作所)

 木 製 建 具 :兼岩七郎(兼穂建具店)

 浴 槽 製 作 :まるいち奥田陶器(滋賀県信楽)

 板 金 工 事 :岐阜長尺

 ストーブ製作:StrawBale-Project ※H24年秋完成予定

 

■内・外部仕様

 屋  根:日本瓦葺5.0寸勾配 杉板t=30×2枚張り+引掛け桟工法

 外  壁:杉板t=15下見板張り 柿渋塗り仕上 + 通気層t=90 + 土塗りt=50

       +ストローベイルt=420 + 土塗りt=20 + 通気層t=45

 内  壁:木摺りt=15 + 藁縄 + 土塗りt=30(StrawBale-Project) 

       +腰壁:杉板t=15 柿渋塗り仕上

 土   間:コンクリート金鏝仕上

 板 の 間 :束立て床組 杉板t=30貼り 蜜蝋ワックス仕上

 外部建具:木製制作建具(兼穂建具)

        出入口戸(大工制作) 檜枠 + 栃板(古材)t=30嵌込 柿渋塗り仕上

 内部建具:再利用品

 台   所:壁/(腰壁)杉板t=15柿渋塗り仕上+土壁  床/コンクリート金鏝仕上

 洗面脱衣:壁/(腰壁)杉板t=15柿渋塗り仕上+土壁  床/コンクリート金鏝仕上

        +スノコ敷(再利用材)

 浴   室:壁・天井/檜t=15 匠の塗湯仕上 床/コンクリート金鏝仕上+檜スノコ敷

        浴槽/信楽焼1100φ、H=600 織部色

 便   所:壁/(腰壁)杉板t=15柿渋塗り仕上+土壁  床/コンクリート金鏝仕上

        +スノコ敷(再利用材)

 照明器具:ガイシ照明(StrawBale-Project)

 給湯設備:プロパンガス

 暖房設備:ロケットストーブ(StrawBale-Project)※H24年秋完成予定

 

■主な構造材

 大黒柱:檜8寸角柿渋塗り仕上

 中黒柱:欅7寸角(再利用材)

 小黒柱:檜6寸角柿渋塗り仕上

 地  棟:三重県産松 450φ(大工加工)柿渋塗り仕上

 登  梁:加子母産杉4寸×7寸 柿渋塗り仕上

 曲  梁:三重県産松 200φ(大工加工) 柿渋塗り仕上

 鴨  居:栃4寸×7寸(再利用材)

 敷  居:桜4寸×6寸(再利用材)

 

■間伐材等の使用率   

 愛知県豊根村産間伐材(80%):野地板・外壁下見板・床板・壁板・下地板

 岐阜県加子母村産材(10%):登梁・桁材

 三重県産材(  5%):地棟・曲梁

 再生材(古材)(  3%):中黒柱・鴨居・敷居・出入口戸・下地板

 その他(国産)(  2%):大黒柱・小黒柱・桧柱